ブログトップ

housyun 公式blog

housyun.exblog.jp

May be awake, and now a Dream

ローズカラー10周年記念LIVE

NTOとして、初めて出演したのが、丁度 1年前。
早いものですね。一年前はアップアップでしたが、
今回は、結構余裕ある演奏でした。
又、記念すべき Naeoとの初競演のおまけ付でした。

e0017386_21331331.jpg


前回の”ながくて2nd LIVE”から 1ヶ月経ち、個人的には、リベンジを誓ってのLIVEでした。

19時集合して、びっくり 『4バンドが 5バンドに増えてる!』
トリをやらせてもらうのは、非常に光栄な事だけど、(もしかしたら エントリー順かぁ?)
待ちの時間は非常に辛い・・・(前回は 3時間半も待たされてしまった。)
増えた バンドはしかも あのNaeo!競演はうれしいけど、早くエントリーしとけよな!

となりのジョイフルで 食事をゆっくりしてそれでもまだまだ 20時前・・・
Hirokiが 『漫画喫茶行こうよ! 俺行った事ないし!』と言い出し、
僕らは 急遽”漫喫”へ、漫画っていつもは楽しいけど、LIVE前はやっぱりイカンなぁ・・・
自分の世界に 入ってしまい テンションが下がってしまう。(それにしても緊張感無いバンドだぁ・・・)

e0017386_213357.jpg


時間も 21時になり、慌ててローズへ、会場は満員でした。
見ようと思っていた Naeo は 既に始まっており、Kazuさんと Haruさんは会場でNaeoに魅入っていました。

僕は これで3回目だから衝撃は無かったけど、2人はショックだったかなぁ?・・・
特に、Mamiさんが どう感じただろうか?以前から度々 話題に出ていた前VOのステージって
どんな感じで見ていたんだろう?今度 聞いてみよう!
でもね、当時のNTOと 今のNTOはまったく別のバンドだし、今のNTOは、MamiさんVo
じゃなきゃ 成り立たないし、MamiさんのVoあってのNTOだからね!

相変わらす ステージでは完璧にキマッている ”Naeo”
1年前 一緒にステージに立ったのが、今では随分昔のような気がした。
僕は不思議な位、冷静にステージをが見れた。多分過去への決別がきちんと出来、
それ以上に 1年間 培ってきた 今のバンドへの自信がそう思わせているのだろう。

e0017386_21334138.jpg


さて、本題に移ろう。
ロングバージョンのLIVEを 最近続けてたので、ショートバージョンは 久しぶり。
(ちょっと 贅沢になったなぁ・・・)
いきなりの『ホライズン』でスタートした、僕自身も 前回の失敗を糧に、個人練習をして行ったので、
余裕のスタート。実は ”Naeo”’Toricycle”と、続けて いいバンドが演奏したので、
(競演バンドでは、久しぶりに刺激を受けた。)
スタート直前は、ちょっぴりブルーだった。『僕らの演奏で、大丈夫だろうか・・・?』
でも、音が出たとたんいつもの自信が蘇った。
『大丈夫 ! いつもの いつも以上の音が出ている。』
『ホライズン』のサビを歌う頃には、NTOサウンドが会場に拡がっていた。

e0017386_21354277.jpg


2~3曲目『Feeling out』『Majic』と、ダンスナンバーが続く。
出だしがちょっと崩れたが、調整しなんとかまとめる。
2曲とも、今回のGは 旨い事演奏できたんじゃないかなぁ?前回迄 不満だった。
この2曲は 今までで一番良い出来だったと思う。
Hiroki のDrが いつもよりシンプルだ。ノッテないのが気になった・・・

4曲目『北緯43度 2ndバージョン』 イントロでまたまた崩れる。
せっかくの初お披露目なのに・・・でも 全体的にはキマッたのでは?
mamiのVoも冴え渡る。途中ミスしたけど、この曲への彼女の想いはあい変わらず深いなぁ・・・
Kazuさんのベースは いつもと変わらずマイペースだなぁ・・・

e0017386_21362578.jpg


5~6曲目『サインズ オブ ラブ』『魔法の言葉』で、終了。客席からも暖かい声援が聴こえて、楽しいLIVEだった。
アンコールも『テン・イヤーズ・アフター』を演奏し、そつなくLIVE終了。
この2曲のHaruさんのキーボードは何時も頭が下がる。 

今回のLIVEは、非常に落ち着いた演奏が出来たと思う。
LIVE終了後、Hirokiが 不満をぶつけて来た。

e0017386_21353275.jpg

『今回 グルーブ感がなかったし、細かいミスが目立った。再度練習をし直そう!』

確かに、WhiskyでのLIVEの時のような パッションは減っていた。その分落ち着いて演奏が出来たので、
周りの演奏が良く聞こえたのであろう。

e0017386_2138066.jpg


以前に比べて LIVEの機会が増えたので、丁寧さや慎重さが欠けているのは否めない。
又、ある人に指摘されたのだが、今後は『もっと遊び心やエンターティメント性を上げた方が良い。』と言われた。

確かに自己満足のLIVEから オーディエンスの為のLIVEに脱却すべきだと思う。
これからの宿題を 考えさせるLIVEだった。

次回 ローズは 12月3日(土)。1ヶ月程あるので、新しいNTOへ もうひとつ階段を上りたい。
[PR]
by housyun-NTO | 2005-10-24 21:44 | NTO