ブログトップ

housyun 公式blog

housyun.exblog.jp

May be awake, and now a Dream

NTOのサウンド・クリエーター    HARU

>三河のあたりは結構狭いので、メンバーのどなたかが繋がっているかも知れません。
もしまだ募集中でしたらぜひ加入させてください。19○○年生まれの3○歳、男です。

実は、着メールを見逃す事はめったに無いことなのだが、最初 Haruからのメールを何故か見逃していた。多分 着いてからしばらくたった頃、なんと、待望のkyeのメールではないか!
(地方都市では、Kyeを探すのは、非常に難しい。まして 音楽の趣味が合う人の出会いの確率は、どれ程のものだろうか・・・)

初めて 会ったのは、つい先日 LIVEをやった、『Rose Coloer』だった。人懐っこい笑顔と、音楽に対する情熱の話を聞いたとき、『この人とは、一生音楽仲間として、続けたいなぁ』と 素直に思った。もちろん決定的だったのは、お互いのフェィバリットアーティストが角松敏生だったと、言う事は、非常に大きい!(地方で角松ファンを見つける事の難しさよ・・・)

初めて 一緒に音を合わせた時の第一印象。『レコードの音だ!!!』
キーボードは、他の楽器以上に、音作りに大変なセンスと、知識が必要な楽器だ。

また いつか別の時に書くが、この自分の楽器の音作りに関して僕は、異常なほどセンスが無い。ところが、周りの楽器に対する要望は 人一倍強い。その僕が、最初の練習の時にノックアウトされた。又、楽器に対する思い入れと、追求は、忘れかけている若い頃を思い出させる。今では慣れてしまったが、アマチュアバンドのキーボードで、練習に 3台持ってくる人を 初めて見た。しかもそれはハッタリではなく、3台それぞれを使いこなすのだ。

当初、バンドスタイルは、ギターサウンド中心の楽曲が多かったが、今後は益々彼のキーボードサウンドが NTOの音を創っていくと思う。

Haruの加入により、もうひとつ大きな物を手に入れた。
それは、コーラス! 実は彼の本質はボーカリストであると言う事だ。
(今でも ソロで 弾き語りLIVEを やっている。)

長年の夢の一つに コーラスが出来るバンド。っと言う物がある。彼の 声とKyeが、加入した事により、NTOサウンドは揺るぎ無きものになった。

そして、今後 今まで以上に彼の音楽センスが バンドに浸透して行くであろう!
e0017386_2341657.jpg

[PR]
by housyun-NTO | 2005-07-23 02:37 | NTO