ブログトップ

housyun 公式blog

housyun.exblog.jp

May be awake, and now a Dream

Biogrphy7

京都ギグを反省し、地元にもどった僕らは 次回のギグの為、再びスタジオリハを繰り返す日々が始まる。ところが、再結成当初から 以前のようなノリの無いHaseが脱退を表明。急遽ベーシストを探さなければならなくなった。 ここで登場するのが【ヤスベイ】である。今でも友人として、飲みに行ったり、LIVEに行ったりするこのご機嫌なベーシストは、物凄いAOR狂だ。僕もそれなりに、音楽通だったり、色んなアルバムを収集したり、マニアックな方だと自負していたが、彼の知識は半端じゃない。それも邦楽 洋楽幅広く、どのアルバムでは どんなミュージシャンが演奏している。とか、このギターソロは誰々のギターソロだ。とか、話をし出すと止まらない。又、ミュージシャンとしても 音楽知識。理論等がしっかりしており、いつも感心してしまう。
但し、メンバーとしての彼との時間は 予想以上に短期間で終結してしまう事になる。ある意味、その頃バンド内では、混迷の時期でもあった。
まず、ヤスベイを新メンバーとした僕らは、名古屋 栄のLIVE Houseで 2回目のギグを行う。バンド名も 『Naeo meet’s Take Off』 N・T・Oとし、(ここで、初めて 今のバンド名となる、N・T・Oを使い出す。)Naeoのオリジナルを中心とした、バンドの方向性を打ち出す事となる。これが、この後のバンド運命を大きく変える事になるとは、この時点ではまったく気づかなかった・・・
[PR]
by housyun-NTO | 2005-07-30 01:23 | Biogrphy