ブログトップ

housyun 公式blog

housyun.exblog.jp

May be awake, and now a Dream

Biogrphy16 崩壊の始まり・・・

e0017386_2148399.jpg


housyun hiroki Haru Kazu Mayumi のゴールデンメンバーで、再スタートを切った

NTOは 2006年の活動は 下記の活動を行った。

6月 YAMAHA BAND LIFE 出場 (ベスト8)
7月 第2回 ミュージックフェスティバルその1 ~形原あじさいの里~
8月 刈谷 わんさか祭りの特設野外ステージ
11月 Storm of sound 2006 vol.2” at 西尾ZAZA

ここから NTOとしての迷走が 始まる・・・

2007年も年が明けて、新たな気持ちで 活動を始めようとした矢先・・・
各メンバーのスケジュールが合わなくなってくる。

リハに全員揃う事が なくなって来た。
この年、各メンバーそれぞれ 仕事 私生活が多忙になり、

年が明けて 3か月まともなリハが出来なくなった。
ただでさえ 3年近く共にして来て 刺激の少なくなっていたバンドへの

起爆剤として 碧南Rock Gigへの 出演を決めた・・・
(このとき 新たなる出会いがある事は また次回の機会に 書きます。)

ところが、ここに来て 多忙のKAZUさんが 活動休止の宣言をする。
少なくとも 3か月は 演奏が出来ないと言う・・・

焦った 僕らは 急遽 ネットを通じて Helpのベーシストを探す事となった。
Gig迄 後 2か月。しかも ありがたい事に YAMAHAからの取材が有り、

http://www.yamaha.co.jp/d-deck/monitor_report/004/index.html

下手な演奏は出来ない・・・ただリズムの要である Kazuさん抜きで果たして
いつもの演奏が出来るのか?

ネットを通じて HELPが決まった。 青ちゃんの登場だ!

Kazuさんのような絶対的な リズムには 一歩敵わない所もあったが、
彼のサウンドのこだわりは 尋常ではなかった。

過去においても 彼ほど綺麗な音色を出す ベーシストは居なかったと思う。

彼のがんばりもあり、 Gigは 無事終了。
このGigでは 一つの出会いが逢った。 10数バンド出演の中、僕らの演奏の後に出た

Jane Doeで有る。主催者でもある Jane Doeのパフォーマンスは 僕とHiroの中に
圧倒的なパフォーマンスを刻む事になる。

Gig後、Kazuさんに連絡を入れたが、仕事は未だ落ち着かないらしい・・・
僕は 青ちゃんに対し 正式な加入を要請し 彼も承諾。

NTOになって 3代目のベーシストの誕生であった。
[PR]
by housyun-nto | 2008-06-22 22:29 | Biogrphy