ブログトップ

housyun 公式blog

housyun.exblog.jp

May be awake, and now a Dream

新Biogrphy 1 ~NEXT TAKE OFF

e0017386_23333723.jpg

New Take Offの継続に断念した僕は Hiroと新たなプロジェクトを模索すべく、
新たな メンバーを探していた・・・ 5年前と同じだ!

まずはメインのボーカルだ!とりあえず 友人に声をかけ、ネットに掲示する。
5年前と比べて すこぶる反応が悪い・・・

確かに 30代だった頃に比べて 今や僕らは 相当のおやじバンド。
ネットの掲示板を見ても 10代 20代の募集や加入希望は 山とあるが、

30代以上になると 急激に募集数が減る・・・
うーん・・・いつの間にか 時代は去っていたのね・・・

しかも、少なくとも あのMayumiのボーカルに匹敵する位じゃなきゃ
僕らは満足出来ないであろう・・・

少ないながらも ボーカル候補の数人から 音源が寄せられて来た!
だが どれも Mayumiのmaの字にも及ばない・・・

僕とHirokiは どちらかとも言うことなく、一人の女性を想い浮かべていた・・・
『彼女しか いない! 彼女しか 考えられない!』

それは 一年前 碧南Rock Gigで 対バンした、Jane Doeのボーカル Hirokoだった!
圧倒的なLIVEパフォーマンス。 素人離れしたシャウト唱法。なにより、あの会場での
彼女は 輝いていた。

また mayumiと まったくタイプの違うボーカルスタイルも 新プロジェクトを立ち上げる為には
必要不可欠だ!

半年ぶりに Jane Doeの HPを開いてみたが、メンバーに彼女の名前は無く、
連絡先も 分からず・・・

ダメ元で、以前のBBSの彼女のコメントにメールしてみた。
数日経っても、返事はなかった・・・僕らは途方に暮れた・・・

数日後、友人から、Katomeと言う女子がカラオケで上手いと言う情報を得て、
声をかけた。実は彼女は 会社の同僚で有り、僕のバンドにも以前から
興味があった様子・・・

Hiroと ともに 5年前と同じようにカラオケへ Go!
久々のカラオケオーディションを決行した。

確かに 声量と言い、声質と言い、友人が推薦するだけの事は有る・・・
但し、その唱法は カラオケそのものであった・・・
生バンドで歌った事の無い 彼女にそこまでを望むのは酷であったが、

あのMayumiの後任である。僕らは 迷った・・・とりあえず 実際生演奏で歌ってもらって
それからの判断かなぁ・・・

kazuねえさんとMakinoPAPAにも手伝ってもらい、僕らは スタジオ入りする。
体長不良も伴い、彼女の歌は バンドのグルーブについていけなかった・・・

Kazuねえさんにもダメ出しを食らい、なんか彼女に悪い事をした気になった・・・
でも 彼女は益々 生バンドに興味しんしんの感じ・・・

彼女のやる気には 僕らやKazuねえさんも驚かせられた・・・
Kazuねえさん曰く、『音楽をやるのは 楽しいし、
メンバーは何人居てもいいんじゃない!コーラスと言う選択も有るし、
しばらくは様子をみたら?』と言う 力強い助言も有り、

彼女には しばらく待ってもらう事にした。

彼女とのオーディションの数日後、僕は待望のあの人からのメールを手にする。

>>こんばんは。Hirokoです。
>>返事遅くなってすみません。
>>自分の気持ちから言うと歌わせて頂きたい、と言うのが正直な気持ちです

これで 新しいスタートがきれる。

待ってもらっているkatomeにも正直に話しをした、

『実は メインのボーカルを やってもらう人に連絡が取れた。来週スタジオ入りする。
余程の事が無い限り、彼女にボーカルをやってもらう。
でも 生バンドをやってみたかったら コーラスをお願い出来ないかな?
もし キーボードが出来るのであれば、 キーボードもやってもらいたい。』

彼女は承諾した・・・。

さあ! 新しい 音がそこまで来ている・・・
[PR]
by housyun-nto | 2008-06-23 00:37 | Biogrphy