人気ブログランキング |
ブログトップ

housyun 公式blog

housyun.exblog.jp

May be awake, and now a Dream

カテゴリ:NTO( 18 )

2003年~2010年(7年間)活動期間のNTOを終結し、早くも2年以上の月日が経った・・・
それは、オリジナルメンバーのHIROKIの一言から始まった・・・

『演奏する曲も、キメ事も全く決めずにセッションしたい。』

HIROKIとのリズムコンビは、KAZUしか居ない、早速KAZUへ連絡だ!
KAZUとは、ウィスキーセッション以来一緒に演奏していなかった。
セッションにYOSUKEのピアノは必要不可欠だ。このメンバーをバックに歌うとすれば
選択肢は一つしかなかった・・・Naeoのボーカルだ!

かくして、突如有り得ないはずだったオリジナル NTOが7年ぶりに終結した。
それはあっという間の3時間だった・・・

事前の打合せも曲決めもせず、とりあえずスタジオに入った5人。
とりあえず、昨晩メモったブルースのコード進行をYUSUKEとKAZUに渡し
手探り状態で演奏を始める・・・

3~4回の演奏で、何箇所かのコード修正と大まかなコード進行だけで、そこにはNTOがあった。そう・・・NTOがあったのである。

Naeoが、自然体で歌いだす。歌詞もメロディも即興なのに、胸に響く・・・
切なさや、喜び、悲しみが僕の心を捉えて離さない・・・

YOUSUKEのジャージーなフレーズが踊っている・・・
HIROKIとKAZUのリズム隊は、このバンドサウンドに大きなグルーブをもたらす。

至福の時間が過ぎていった・・・

次に、僕が提示したのは、『(仮題)Positive place to be』以前から暖めていたコード進行の曲だ。コード進行自体はいわゆるボサノバであるが、僕はここにロックテイスト溢れるリズムを刻ませ、ロック調に仕上げてみたかった・・・

コード進行だけ聞いたNaeoは、『これは私の歌う歌じゃないわね!』って顔してこっちを見つめてきたが・・・これをバックにロックを歌えるのは彼女しかいないと思っていた。
HIROKIが、彼女を急かす・・・あきらめた彼女の口から飛び出したメロディは、まさに僕が夢にみた・・・いや!それを越える神の歌だった・・・

KAZUが演奏する度にベースラインを変えて楽しんでる・・・
僕はこのコード進行を彼が気に入ると確信があったし、ポップなベースラインを自由に弾きこなす事が分かっていた。

最初、ボサノバ調にリズムを刻もうとしたHIROKIに『ボサノバを叩かないで、ロック調に刻んで欲しい』と伝えると、すぐに理解して攻めるリズムに切り替えてくれた。

YOUSUKEは、最初から最後までジャージーなプレイの連続だった。
彼は、変わらないそのプレイスタイルで良い!それじゃなきゃYOUSUKEじゃない・・・

それは、マジックの瞬間だった・・・僕は溢れ出す音楽の泉に身を任せ、流れるままにギターを奏でていった・・・

それだけで・・・それだけで良かった・・・

次回再集結するのはいつだろう・・・?
このNTOは、みんなが求め合った時にまた終結するだろう・・・
今度は誰が『来週にもどう?』って言い出すのを僕はワクワクしながら待っている・・・
by housyun-nto | 2013-02-10 18:00 | NTO
10月29日(日)
最近知り合いになった VANILLA BEANSに誘われて、 西尾のイベントに参加して来ました。

8バンド出演の このイベントは 楽しい 瞬間と うれしい出会いをもたらしてくれました。

これからも 積極的に こんな イベントに参加させて もらいたいな!!

ちなみに、ここで使っている 写真は HEVY METAL HURRICANE の

HPから頂きました。

HMHのHP : http://www.geocities.jp/heavymetalhurricane/

e0017386_1862248.jpg


がんがん ステージ!!

e0017386_1875684.jpg


変な顔のおじさん!!

e0017386_1882661.jpg


e0017386_1815181.jpg


誘ってくれた VANILLA BEANS

e0017386_1816374.jpg


写真提供の HMHの ステージ!!
by housyun-nto | 2006-11-03 18:16 | NTO
e0017386_17264778.jpg


8月20日(日)刈谷 わんさか祭りの特設野外ステージで演奏してきました。

昨年から 4回目の野外ですが 初めて 晴れた!!!

各バンド凄いポテンシャルで、圧倒されたけど、僕らも凄く楽しい時間でした。

メンバーも凄く 楽しそうだったし、なにより オーディエンスの数が凄い!

特に最後の シングアウトの時は 圧倒的な お客さんの数だった!!!

来年も出たいなぁ・・・

e0017386_17302143.jpg


とにかく 熱かった!! 演奏にも力が入ったよ。

e0017386_13344.jpg


野外なので 相変わらず モニタリングしにくかったが、気持ちよかったよ!

e0017386_1342181.jpg


MAMIが 絶叫!! 久々の熱いステージでした。

e0017386_1373740.jpg


物凄い数の オーディエンス!!
まるで プロのステージみたい!!

e0017386_138109.jpg


熱いステージが続く

e0017386_138396.jpg


友人の『mikawa express』も 出場!!以前に増して 凄い演奏だった。

e0017386_1393588.jpg


最後のシングアウト 『ヘイ・ジュード』出演者全員で 熱唱

e0017386_13125112.jpg

by housyun-NTO | 2006-08-29 17:31 | NTO
e0017386_18264433.jpg

片原のあじさいの里で、『第2回 ミュージックフェスティバル』に参加してきました。

ちくしょう!! またまた 雨にたたられた!

NTOと 野外LIVEは どうも相性が悪いみたいだ。

この日も 雨!

つらい LIVEになった。

僕らが出る位迄は 降ったり 降らなかったりしてたけど、後の出演者はかわいそうでした。

e0017386_18294960.jpg

雨の中 熱唱する MAMI 黙々とプレイするkazu
e0017386_18301264.jpg

熱の入ったプレイ(?)housyun &hiroki
e0017386_18304429.jpg

housyun&haru
e0017386_18305945.jpg

MAMI&Hiroki
e0017386_1858580.jpg

by housyun-nto | 2006-07-31 18:47 | NTO
本日!! YAMAHA BAND LIFE 2006  

に 出場して来ました。

ドキドキ ワクワク感が 最高!!!!!!!

コンテストなんて 高校生以来で 凄く エイキサイト!!!!!!!!!!!

結果は 分からないけど 充分楽しめたし  凄く インスパイヤーされました。

明後日の発表が楽しみです!!!!!!!!!!!!!!!!!!

たまには コンテスト出場も いいですね!!!!!!!!!!!!!
by housyun-nto | 2006-06-26 00:08 | NTO
e0017386_1416.jpg


いやー 久しぶりのUpです。みなさんお元気ですが?
我らNTOも Mami復活LIVEから 実は 3回のLIVE(一回パーティを含む)

を やっていたのですが、どうにも 報告する事が乏しくて ついつい・・・
さて さて 今年に入って 2回目のLIVEをやりました。

相変わらずの ROSE COLOERなのですが・・・

これから又 LIVE レポートも充実させていきますのでみなさん よろしくね!
e0017386_1103575.jpg

by housyun-NTO | 2006-04-13 01:08 | NTO
e0017386_023337.jpg


Mamiさんの療養生活も無事終わり。NTO久しぶりのLIVEは Roseで演奏した。
復活後、初めてのLIVEだったので、後半ちょっと Mamiさんが バテバテだった。
彼女にしてみれば、初めて納得の行かないLIVEだったかもしれない・・・
でも ぼちぼち行きましょう!

e0017386_0262799.jpg

原因は 正直言って その前の練習かぁ・・・
実は 前回のLIVE以来 全員が集まるのが久しぶり・・・
LIVE前に 久しぶりに練習を したのであった・・・イキナリ歌いすぎたね!

e0017386_0561495.jpg

とりあえず、前回のLIVEナンバーから選曲。
ちょっと そろそろ 新曲を増やした方がいいかなぁ・・・

でも 1ヶ月ぶりにあわせると、びっくりするくらい 見事にバラバラ・・・
僕も必死こいて練習したのこの1週間位だったもんな・・・

前回のポテンシャルに 戻すのに 2時間かかってしまった。
今 音源聞いているけど、とりあえずは セーフですよ。
まぁ 半年以上 同じナンバーが続いているから 思い出せば 大丈夫!!

e0017386_032451.jpg


結構 僕らの後に続いた バンドのレベルが高かったので、
正直な所、LIVEが終わった時は不安だった。
でも、メンバー全員(Mamiさんは ちょっと不満だったと思うけど・・)楽しんで演奏してた。

でも この 1ヶ月は メンバー全員 ちょっと公私共 バタバタで、
バンドへの 情熱が下がり気味だったと思う!

次回 LIVE迄 久しぶりに 2ヶ月のインターバルを置いてみた。
2月4日には リニュアルしたナンバーを 演奏したいなぁ!

年も変わるし、2007NTOを 創ってみよう!

e0017386_038876.jpg

LIVE翌日に 友人のLIVEへ 遊びに行った。
そこで、その友人に 『NTOって 何がやりたいの? どこへ行きたいの?』って
ドキってする事を言われた・・・

『うーーん そういえば最近。バンドカラーが 分からないなぁ』
っと、本気で考えてしまった・・・

勿論、自分達の やりたい事を形にする事(オリジナルとか?)考える時かもしれない・・・
っと ちょっと小難しく考えたが、Hiroの一言が 僕を救った。
(無論、彼はジョークで言ったのだが)

『バンドやったら モテルって 思ったのに さっぱりだな!』

そうだった、昔から 今だって、 バンドやる奴らの究極の目的は『これだ!!』
って書くと 非常に誤解を生みそうだが、僕らは、カッコイイ事、カッコイイ時間

カッコイイ瞬間を楽しみたいのだ! それは、色んな人間が 色んな形で
その瞬間を 求める。 それが、スノボーであれ、サーフィンであり、
書道であったり、演劇だったり、 とにかくその時間を大切に、楽しみたいのだ!

オリジナルだろうが、コピーだろうが、僕らだけの演奏をしたい。
僕らだけの 音楽を作りたい。

楽しい時間を作ってこそ、そこに オリジナルが生まれてくると思う。
今夜も 僕はギターを握る。 そこに NTOがある限り・・・
by housyun-NTO | 2005-12-05 00:57 | NTO
NTOとして、初めて出演したのが、丁度 1年前。
早いものですね。一年前はアップアップでしたが、
今回は、結構余裕ある演奏でした。
又、記念すべき Naeoとの初競演のおまけ付でした。

e0017386_21331331.jpg


前回の”ながくて2nd LIVE”から 1ヶ月経ち、個人的には、リベンジを誓ってのLIVEでした。

19時集合して、びっくり 『4バンドが 5バンドに増えてる!』
トリをやらせてもらうのは、非常に光栄な事だけど、(もしかしたら エントリー順かぁ?)
待ちの時間は非常に辛い・・・(前回は 3時間半も待たされてしまった。)
増えた バンドはしかも あのNaeo!競演はうれしいけど、早くエントリーしとけよな!

となりのジョイフルで 食事をゆっくりしてそれでもまだまだ 20時前・・・
Hirokiが 『漫画喫茶行こうよ! 俺行った事ないし!』と言い出し、
僕らは 急遽”漫喫”へ、漫画っていつもは楽しいけど、LIVE前はやっぱりイカンなぁ・・・
自分の世界に 入ってしまい テンションが下がってしまう。(それにしても緊張感無いバンドだぁ・・・)

e0017386_213357.jpg


時間も 21時になり、慌ててローズへ、会場は満員でした。
見ようと思っていた Naeo は 既に始まっており、Kazuさんと Haruさんは会場でNaeoに魅入っていました。

僕は これで3回目だから衝撃は無かったけど、2人はショックだったかなぁ?・・・
特に、Mamiさんが どう感じただろうか?以前から度々 話題に出ていた前VOのステージって
どんな感じで見ていたんだろう?今度 聞いてみよう!
でもね、当時のNTOと 今のNTOはまったく別のバンドだし、今のNTOは、MamiさんVo
じゃなきゃ 成り立たないし、MamiさんのVoあってのNTOだからね!

相変わらす ステージでは完璧にキマッている ”Naeo”
1年前 一緒にステージに立ったのが、今では随分昔のような気がした。
僕は不思議な位、冷静にステージをが見れた。多分過去への決別がきちんと出来、
それ以上に 1年間 培ってきた 今のバンドへの自信がそう思わせているのだろう。

e0017386_21334138.jpg


さて、本題に移ろう。
ロングバージョンのLIVEを 最近続けてたので、ショートバージョンは 久しぶり。
(ちょっと 贅沢になったなぁ・・・)
いきなりの『ホライズン』でスタートした、僕自身も 前回の失敗を糧に、個人練習をして行ったので、
余裕のスタート。実は ”Naeo”’Toricycle”と、続けて いいバンドが演奏したので、
(競演バンドでは、久しぶりに刺激を受けた。)
スタート直前は、ちょっぴりブルーだった。『僕らの演奏で、大丈夫だろうか・・・?』
でも、音が出たとたんいつもの自信が蘇った。
『大丈夫 ! いつもの いつも以上の音が出ている。』
『ホライズン』のサビを歌う頃には、NTOサウンドが会場に拡がっていた。

e0017386_21354277.jpg


2~3曲目『Feeling out』『Majic』と、ダンスナンバーが続く。
出だしがちょっと崩れたが、調整しなんとかまとめる。
2曲とも、今回のGは 旨い事演奏できたんじゃないかなぁ?前回迄 不満だった。
この2曲は 今までで一番良い出来だったと思う。
Hiroki のDrが いつもよりシンプルだ。ノッテないのが気になった・・・

4曲目『北緯43度 2ndバージョン』 イントロでまたまた崩れる。
せっかくの初お披露目なのに・・・でも 全体的にはキマッたのでは?
mamiのVoも冴え渡る。途中ミスしたけど、この曲への彼女の想いはあい変わらず深いなぁ・・・
Kazuさんのベースは いつもと変わらずマイペースだなぁ・・・

e0017386_21362578.jpg


5~6曲目『サインズ オブ ラブ』『魔法の言葉』で、終了。客席からも暖かい声援が聴こえて、楽しいLIVEだった。
アンコールも『テン・イヤーズ・アフター』を演奏し、そつなくLIVE終了。
この2曲のHaruさんのキーボードは何時も頭が下がる。 

今回のLIVEは、非常に落ち着いた演奏が出来たと思う。
LIVE終了後、Hirokiが 不満をぶつけて来た。

e0017386_21353275.jpg

『今回 グルーブ感がなかったし、細かいミスが目立った。再度練習をし直そう!』

確かに、WhiskyでのLIVEの時のような パッションは減っていた。その分落ち着いて演奏が出来たので、
周りの演奏が良く聞こえたのであろう。

e0017386_2138066.jpg


以前に比べて LIVEの機会が増えたので、丁寧さや慎重さが欠けているのは否めない。
又、ある人に指摘されたのだが、今後は『もっと遊び心やエンターティメント性を上げた方が良い。』と言われた。

確かに自己満足のLIVEから オーディエンスの為のLIVEに脱却すべきだと思う。
これからの宿題を 考えさせるLIVEだった。

次回 ローズは 12月3日(土)。1ヶ月程あるので、新しいNTOへ もうひとつ階段を上りたい。
by housyun-NTO | 2005-10-24 21:44 | NTO
e0017386_23136.jpg
ながくて広場での 2回目のLIVE終了!!
今回は個人的に、色々と反省する事が多かったかなぁ・・・

2週間前にLIVEを やったばかりだったので、ちょっと LIVEをなめていた。
いつもなら、最低でも前日 当日に復習練習をして行くところ、全然やっていなかった。 『あれっ?この曲のコードってなんだっけ?』『あれ、このソロって、どこから入ったっけ?』・・・やっぱりなめたらいかんぜよ!!
e0017386_1574197.jpg


と、言う事で、LIVE レポートの始まり始まり。

当初予定より遅れる事、2時間半・・・イベント参加する度最近多いな・・・とにかく この遅れると、どうも調子が狂ってしまう。と言う愚痴はこっちに置いといて、LIVEスタート!!

e0017386_158190.jpg

いつものようにオープニング Haru&Mamiで、スタート。
Mamiの声、バッチリだ! 前回の ウィスキーLIVEの時、PAトラブルで上手くスタートできなかったから、今回Mamiにとって、リベンジでもある。
e0017386_1591595.jpg

今夜の Mamiのボーカルは もしかしたら今までのLIVEの中でも、抜群のデキかもしれない予感・・・2曲目のホライズンの時には、もうフルスロットル!彼女は LIVEの回数を重ねる度に 凄く成長している。特に このながくて会場は、ミキシングをボーカル中心にしてあるので、彼女の声が隣にいてもビンビンに伝わってくる。 加入当時は 『みんなに付いていってます。』って感じだったのが、最近は みんなをグイグイ引っ張っている。

ステージングも 堂々としたもので、すっかりNTOの顔になった感じだ。
最初に書いたが 僕のギターはいつにも増して今回(えっ?いつも?)ひどい状態だ。

こんな状態でも サウンドが崩れないのは、Kazuのベースのおかげだ。いつも後から 音源を聞く度、関心してしまう。とにかくリズムが狂わない。実は こっそりミスタッチをしているのだが、僕らが聞いても全然分からない。(と、いう事は オーディエンスはまったく気づかないだろうなぁ・・・)
e0017386_1592320.jpg

3曲目『魔法の言葉』『眠れない悲しい夜には』と、いつものナンバーを続ける。Mamiは、相変わらず高い ポテンシャルを弾き出している。

Hirokiは 相変わらず自然体でドラミングしている。本当に奴は 本番に強い奴だな・・・
『マジック』『フィーリング アウト』と、最近の新曲が続く。
うーん これは 練習が足りないな! いい曲なんだが、どうしても思っているように弾けない。メンバーも構成がしっかり頭に入っていないのか、時々どこかへ行ってしまう。次回練習時にもっと詰めよう!ギターも練習しなきゃなぁ・・・ビデオを見るたびにこの曲のときの僕の顔のコワバリ様は 笑えてしまう。www
e0017386_1583426.jpg

『北緯43度』・・・実はこの曲最初は苦手だった。ギタ^-のフレーズがどう考えても キーボードが作ったようなフレーズだから・・・と、この曲は元々 ストラトタイプのアーミングが カッコイイ曲なので、僕のイバニーズでは、どうしてもあの雰囲気が出せない・・・
最近になって ようやく慣れてきた曲だ。(慣れると楽しいかも・・・)とにかくMamiの思い入れのある曲らしく、他の曲以上に彼女の歌が 胸にしみる・・・

いつものように『テンイヤーズ』と『サインズ オブ ラブ』で終了!!

野外のステージは 相変わらず楽しかった。ただし今回はほんとに反省!!

今回をかみ締めて 10月のLIVEは 後悔の無いように
by housyun-NTO | 2005-09-19 02:05 | NTO
交友深い『MIKAWA EXP』とのジョイントながら、 箱を借りてピンでLIVEをやるのは、10年ぶりくらいであった。久しぶりに チケットを作成して、販売しポスターなんか作ったりしてなんか懐かしかった。

e0017386_21512483.jpg


さて、肝心のLIVEだが 『MIKAWA EXP』の演奏のスタートが 20時。会場はほぼ満席で、立ち見も出た。(60~70人位?)

ヤスベイ加入後の 1stステージは、やや緊張気味のスタートだったが、非常に安定した演奏を聞かせてくれて、僕らも近づくステージの時間に緊張感がみなぎる。

e0017386_21504899.jpg


アンコールも無事終わり、さて僕らの時間だ。

オープニングは いつも通り、Mami & Haruでスタート。ところが、イキナリPAのトラブル。
マイクから音が出ない。多分Mamiの頭は真っ白になったであろう。でも、気を取り直して、再スタート。『まぁ これが生の楽しみでもある。』 さすがに、Haruは落ち着いて、ピアノを演奏。経験が違う。Mami!がんばれ。

e0017386_2150585.jpg


なじみのナンバー『ホライズン』『魔法の言葉』『眠れない悲しい夜には』と 3曲続き、ようやく、mamiも落ち着きを取り戻し安定したバンド演奏でオーディエンスも凄く楽しんでくれてる様子。

6曲目『マジック』を演奏して、前半戦終了。ここから、今回初の試み、各自のソロコーナー。トップバッターは Haru。オリジナルだろうか?時おり、角松ナンバー?的なコード進行で曲が進む。Haruのピアノソロは まさに僕の理想的な 小林信吾と友成好宏を足して 2で割ったようなピアノだ。うーん このまま 聞いていたいなぁ・・・

e0017386_2151958.jpg


ここに、Mamiの ボーカルが絡んできて、『好き』を始めるつもりだったが、またもや、PAトラブル。Mamiの頭に、オープニングの悪夢がよぎる。でもね。これが、ライブなんだよ。Haruが落ち着いて、さりげなくフォロー。今のメンバーの凄いのは、こんな時に、はっきりと出てくる。Haruも、Kazu、Hirokiも、LIVEを良く知っている。

彼らは、トラブルが起きても決して演奏を辞めないし、繋ぎ方を熟知している。それ以上に 2年近くバンドを続けてきて 次に他のメンバーがどう繋げていくかが、アイコンタクトで何となく分かるよういなって来た。

e0017386_21511976.jpg


続いては、Hairoki&Kazuによる ドラム&べースソロだ。ブルースナイトで、活躍するこのリズム隊も、2年近くコンビを組んでリズム隊としての完成形が出来つつある。実は、このコーナー。僕の思いつきで、ほぼアドリブ状態。お互いのプレーをよく知っている 2人だからこそのプレーだ。 オーディエンスもすっかり このリズム隊に酔いしれる。2人の笑顔が眩しい。

e0017386_21522279.jpg


続いて2曲。新曲が続く。『フィーリング アウト』と、『北緯43度』だ。途中構成狂い。見失いそうになったが、相変わらず、アイコンタクトで乗り切る。ナイス フォロー。

後は、いつのも『テン・イヤーズ・アフター』と、『サインズ・オブ・ラブ』で 無事終了の予定だったが、ここでもこの日の トラブルは相変わらず続く。今度は僕のギターだ。『テン・イヤーズ~』での見せ場である、ギターソロ前に 何と ギターの 2弦が切れてしまった。過去に置いても 僕は度々 LIVE中に弦を切る事があるが、3日前に張り替えたばかりだったので、まさかの状態。一瞬 真っ白になったが、そこはこのメンバーだ。 控えのギターに取り替える時間。みんなで、ナイス アシスト。なんとか、最後まで乗り切る事に成功した。

e0017386_21523046.jpg


ラストナンバー『サインズ・オブ~』を演奏し終わり、後はアンコール。オーディエンスは よろこんでアンコールを してくれた。ありがとうおまいら!新曲のバラードと、『ディスペンテーション』を演奏し終わり、無事終了。

トラブル続きで、ボロボロだったが、LIVE終了後。僕らは笑ってた。凄く楽しかった。このメンバーでLIVEをやるたび新しい発見がある。今回のライブが終わって、僕はメンバーを誇りに思う。本当に こいつらとバンドを組んでよかった。こいつらと、どこまで行けるだろうか?どこまででも走り続けたい。そう思える 夜だった・・・

e0017386_2151447.jpg

by housyun-NTO | 2005-09-04 21:52 | NTO