人気ブログランキング |
ブログトップ

housyun 公式blog

housyun.exblog.jp

May be awake, and now a Dream

<   2005年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

『Housyun、僕は あなたとの時間を忘れない。必ず戻ってきてね。そして又、あの楽しい時間を取り戻そうね・・・。』
僕の東京転勤に伴い、『Philo Sophical』の活動を停止させた。
今から8年前の事だ。この活動停止は、実は本格的なバンド活動を初めて経験した彼にとって、非常にショッキングな出来事だったらしい。
又、時を同じくして ハードロックドラム一辺倒だった、彼のドラムスタイルを大きく変える出会いがあった。『Jazz』である。岡崎の街は特に『Jazz』が盛んな街としても知られている。
当時僕らが入り浸っていたお店も JAZZバーであった。彼はそこに 師匠とするある一人のジャズピアニストと出会う事になる。彼指導の元、Philo Sophical解散後もそのお店で毎夜のごとく セッションに空け狂う毎日を過ごす事となる。
確か 東京から帰郷したある年の夏、彼のセッションプレイを見たが、そこには、少なくとも僕が知っていたドラマーHIrokiとは別人のドラマーが居た。

岡崎にもどった僕は 当然にように、彼と連絡を取り、彼と バンドの再結成を試みるのだ。
e0017386_2244859.jpg

彼のプレイスタイルは 非常にラフだ。貯めもキメもその日の気分によって、全然違う。ただ、そのいずれのプレイも一緒に演奏をしていて楽しい。
過去において 彼ほどドラムを楽しんで叩いているドラマーを僕は知らない。その為時々ブレーキが利かなくなる時があるが、現メンバーのKazuは、非常に抑える事の出来るベースマンなので、彼との組み合わせは程よく、バンドのグルーブを構成させる。
そんな彼が 再結成後一時期バンド活動から離れた時があった。(仕事上)別のドラマーと何人かセッションを行うが、どうしても上手く行かない。そんなある日、当時のドラマーが急遽リハをドタキャンした日があった。

『Hiroki!仕事落ち着いたか?悪いけど今週のリハだけ、手伝ってくれない?』

『今回だけなら、いいよ!』

そして、その日の練習の以後、彼の『今回だけ』が、2年近く続いている・・・
by housyun-NTO | 2005-07-30 02:26 | NTO
京都ギグを反省し、地元にもどった僕らは 次回のギグの為、再びスタジオリハを繰り返す日々が始まる。ところが、再結成当初から 以前のようなノリの無いHaseが脱退を表明。急遽ベーシストを探さなければならなくなった。 ここで登場するのが【ヤスベイ】である。今でも友人として、飲みに行ったり、LIVEに行ったりするこのご機嫌なベーシストは、物凄いAOR狂だ。僕もそれなりに、音楽通だったり、色んなアルバムを収集したり、マニアックな方だと自負していたが、彼の知識は半端じゃない。それも邦楽 洋楽幅広く、どのアルバムでは どんなミュージシャンが演奏している。とか、このギターソロは誰々のギターソロだ。とか、話をし出すと止まらない。又、ミュージシャンとしても 音楽知識。理論等がしっかりしており、いつも感心してしまう。
但し、メンバーとしての彼との時間は 予想以上に短期間で終結してしまう事になる。ある意味、その頃バンド内では、混迷の時期でもあった。
まず、ヤスベイを新メンバーとした僕らは、名古屋 栄のLIVE Houseで 2回目のギグを行う。バンド名も 『Naeo meet’s Take Off』 N・T・Oとし、(ここで、初めて 今のバンド名となる、N・T・Oを使い出す。)Naeoのオリジナルを中心とした、バンドの方向性を打ち出す事となる。これが、この後のバンド運命を大きく変える事になるとは、この時点ではまったく気づかなかった・・・
by housyun-NTO | 2005-07-30 01:23 | Biogrphy
housyun Hiroki Haseに NaeoとYousukeを加えた、新生Philo Sophicalの最初のギグは、京都だった。(Yousuke主催の 音楽際へ急遽参加)
ボーカルとキーボードの2枚看板が変わった事もあり、バンド名の変更を試みたが、結局 いいアイデアが浮かばず、『Colender』と言う、急ごしらえのバンド名で、出演する事となる。練習も スタジオリハも不十分なままの出演で、ノリだけで出演してしまったが、後から思い起こすのも嫌な位、酷い演奏だった。主催のYousukeには大変迷惑だったかもしれない・・・(今更ながら ごめんなさい・・・)
但し、前日泊まった青少年自然の家での一夜は、まるで修学旅行気分だ。
宿泊客も僕ら以外は、みんなそれこそ中学生ばかり、当然お酒なんかもある訳が無い。
確か、お風呂は9時まで。消灯は 10時だったかなぁ?
こっそり、お酒を持ち込み 他の部屋に出来るだけ聞こえないように、ヒソヒソ話をする、僕らはある意味コッケイだったかも知れないが、その分学生気分も味わえ物凄く楽しかったのを覚えている。よっぱらった最後の方はきっとデカイ声だっただろうなぁ・・・
引率の先生!ごめんなさい!
by housyun-NTO | 2005-07-30 00:53 | Biogrphy
『ちょっと 違うんだよね!』 今日も Kazuの一言が始まる・・・
Kazuは、三河では名の知れたベースプレーヤーだ。
何年か前に 一宮のコンテストでベストベーシストを受賞の経歴がある彼の バンドに求める要求は高い。(実は毎回 彼の顔色を伺って練習をしている・・・笑)

ヤスベイを失ってからベースプレヤーを探すのに一苦労していた僕のメールに、 Kazuから連絡が入り、すぐにスタジオへ入った。初めて挨拶後、Haruが、びっくり!『なんだ、誰かと思っていたら・・・』 三河の狭さを痛感する。でも、全然知らない同士が合わせるより 知ってるメンバーが一緒なのは、心強い。しかも『以前から 一度は一緒にプレーしたかった。』とHaru。

『彼なら、最強のベーシストだよ。』と お墨付き。

Kazuは 本当に喜怒哀楽を顔に出さない。(実は 未だに分からない時がある・・・)
プレーも どんな時でも変わらないリズムを刻む。(ベースプレヤーには大事な事だ。)

どんな曲にも どんなジャンルにでも、淡々とベースを弾きこなしていく。
e0017386_22523347.jpg
NTOのリズムが比較的乱れないのは、Kazuのベースのよるものが大きい。

そんな Kazuの楽しそうな姿を先日見てしまった。
月に 一度WHISKYでの ブルースセッションを見て、ちょっとジェラシーを感じた。
三河の色んな プレーヤーが集まって一夜限りのセッションを行うその宴に身を投じて陶酔している彼を見た時、『いつか、NTOで この笑顔を出してやる。』と 思った僕は被害妄想かな・・・
by housyun-NTO | 2005-07-25 22:53 | NTO
年内のLIVEスケジュールが次々に決まって来た。

 8月21日(日) : ながくて広場コンサート(ながくて広場)
 9月 3日(土) : ジョイント・ライブ     (Whisky)
10月22日(土) : ローズカラー10周年記念LIVE(ローズカラー)・・・予定
12月 3日(土) : 女性ボーカル・ナイト   (ローズカラー)
12月20日前後 : クリスマス・LIVE     (whisky)・・・予定

ローズカラーHP
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Drum/1578/rose.html

whiskyHP
http://www.paw.hi-ho.ne.jp/live_at_whisky/

e0017386_2223549.jpg

by housyun-NTO | 2005-07-25 22:24 | LIVE 告知
ベーシックなメンバーが揃い、後は Kyeだ。僕の過去のバンドに置いて必ずKyeの位置づけが非常に高かった。通常バンド編成に置いてギターリストは、自分のギターを中心に置いて構成するものだが、僕は以前から Kyeをサウンドの中心として来た経緯がある。
多分 それは自分のギターに対する自信の無さかもしれないし、純粋に Kyeが楽器の中で、一番好きなのかもしれない。
とにもかくにも、僕の音楽の師匠であり、音楽仲間で一番頼りにしている、JazzプレーヤーYusukeをバンドに誘う。彼は 東京時代の仕事仲間であった事もあり、又 本社を大阪に持ち、東京にオフィスを持っていたので、週に 最低 1回は 東京~大阪間を移動していた。今考えると、無茶な事だが、その移動の途中に 三河に途中下車してもらい、練習に参加してもらった。

これで、念願だった、Philo Sophicalの 再結成メンバーが揃った。
課題曲第一弾は、今だに僕らのオープニングを飾る、UAの『ホライズン』そして、Philoのナンバー数曲を演奏した。第一回目の練習、演奏はボロボロだったが、手ごたえを掴んだ。メンバー全員不思議と自然に 笑顔がこぼれた・・・前回のバンドに最後の練習の時、Hirokiと交わした約束、『絶対 又やろうぜ』の約束が果たせた・・・
by housyun-NTO | 2005-07-24 22:12 | Biogrphy
>三河のあたりは結構狭いので、メンバーのどなたかが繋がっているかも知れません。
もしまだ募集中でしたらぜひ加入させてください。19○○年生まれの3○歳、男です。

実は、着メールを見逃す事はめったに無いことなのだが、最初 Haruからのメールを何故か見逃していた。多分 着いてからしばらくたった頃、なんと、待望のkyeのメールではないか!
(地方都市では、Kyeを探すのは、非常に難しい。まして 音楽の趣味が合う人の出会いの確率は、どれ程のものだろうか・・・)

初めて 会ったのは、つい先日 LIVEをやった、『Rose Coloer』だった。人懐っこい笑顔と、音楽に対する情熱の話を聞いたとき、『この人とは、一生音楽仲間として、続けたいなぁ』と 素直に思った。もちろん決定的だったのは、お互いのフェィバリットアーティストが角松敏生だったと、言う事は、非常に大きい!(地方で角松ファンを見つける事の難しさよ・・・)

初めて 一緒に音を合わせた時の第一印象。『レコードの音だ!!!』
キーボードは、他の楽器以上に、音作りに大変なセンスと、知識が必要な楽器だ。

また いつか別の時に書くが、この自分の楽器の音作りに関して僕は、異常なほどセンスが無い。ところが、周りの楽器に対する要望は 人一倍強い。その僕が、最初の練習の時にノックアウトされた。又、楽器に対する思い入れと、追求は、忘れかけている若い頃を思い出させる。今では慣れてしまったが、アマチュアバンドのキーボードで、練習に 3台持ってくる人を 初めて見た。しかもそれはハッタリではなく、3台それぞれを使いこなすのだ。

当初、バンドスタイルは、ギターサウンド中心の楽曲が多かったが、今後は益々彼のキーボードサウンドが NTOの音を創っていくと思う。

Haruの加入により、もうひとつ大きな物を手に入れた。
それは、コーラス! 実は彼の本質はボーカリストであると言う事だ。
(今でも ソロで 弾き語りLIVEを やっている。)

長年の夢の一つに コーラスが出来るバンド。っと言う物がある。彼の 声とKyeが、加入した事により、NTOサウンドは揺るぎ無きものになった。

そして、今後 今まで以上に彼の音楽センスが バンドに浸透して行くであろう!
e0017386_2341657.jpg

by housyun-NTO | 2005-07-23 02:37 | NTO
>はじめまして。岡崎に住んでいるNaeoと申します。

それは、一通のメールから始った。
最初に、思ったのは、『なんだ、岡崎なら都合いいや』程度の思いだった。
(前回書いた オーディションの娘は、名古屋市内。)

Hirokiは、『だって この間、あの娘に決めたじゃん。なんで、別の娘と会う必要があるの?』と、当然の反応。ところが、僕は妙にNaeoメールに惹かれ、(下心もあったかなぁ・・・)
嫌がる Hirokiを無理やり誘い、Naeoに会いに行く事に・・・、話をして 何故彼女のメールに惹かれたかすぐに分かった。前回の娘に 無かったものは、音楽に対する情熱・愛着・経験・・・とにかく、音楽バカではなかったのだ。この年で、未だに音楽を続けている僕は いわゆる音楽バカであり、音楽バカには 音楽バカの波長が有り、その日の彼女との会話は 途切れる事が無かった。

でも何といっても、決定的だったのが、彼女の声だった。正直に今思い返すと、決して好みの声ではなかった気がする。最初の印象は『少年のような 声だ。』 それと、これは生演奏を経験している人にしか分からない事だが、カラオケ クイーンと バンド経験者の違いだ。彼女の歌は 歌であり、カラオケではなかった。

翌日、前回の娘には 今思えば大変ひどい事だが、『バンドが解散した。』とか、何とか言って、断りの電話を入れた。 ごめんなさい・・・(次回続く)

e0017386_22593439.jpg

by housyun-NTO | 2005-07-23 02:00 | Biogrphy
東京で、5年間 『TOS』の活動し、またまた会社からの辞令で、岡崎に戻ることとなった。念願だった、Tomyとの活動にも終止符を打つ。5年ぶりの岡崎だ、その間長期休みの時は岡崎にもどり Hiroki他、『Philo Sophical』のメンバー達とは 年に 1~2度は会っていたので、バンドの再開は当然の事だと、思っていた。ところが、やはり 5年の年月は メンバーそれぞれ微妙な変化を起こしていた。Vo Nakajiは 5年の間に 結婚・出産 子供に手がかかる頃で、不参加。KyeのMorimoriは、すっかり音楽とは 離れた生活を送っており、これまた 不参加。
残ったメンバーは 唯一 5年間音楽を続けていた Hirokiと これまた 音楽からすっかり離れていた Haseの 3人。まずは、VO探しからだ。インターネットの掲示板に メンバー募集を出したり、参加希望欄を片っ端から覗いて、条件が合いそうなVO希望の娘に、メールを送った。ただ、東京 名古屋のような都心と違い、三河はやっぱり地方都市。
10人以上に連絡を取り、返事が来たのが 2~3人。まずは 面接 オーディションだ。
1人目から いきなり、いい子が現れた。 年齢もなんと 20代前半のロングヘアーの可愛い娘!(なんか 趣旨がちがうなぁ・・・)凄く真面目な娘で、音楽暦はあんまりないけど、『老人ホームのボランティアで、仲間と演奏して、すっかり音楽の虜になった。』と、無邪気そうに笑う 笑顔に、『最近の 若い娘も、捨てたもんじゃないな!』っと、すっかり おっさん気分になり、Hirokiと、『よし、この娘に 決定!!!』 ところが、一通のメールが 僕らの運命を変える事になるとは、その時は未だ 知る由もなかった。  そのメールが 実は・・・(次回に続く・・・)
by housyun-NTO | 2005-07-23 01:35 | Biogrphy
次回
7月28日(木)20:00~22:00
8月24日(水)20:00~22:00
9月02日(金)20:00~22:00

本番迄 何と 後 3回の練習しかない。
8月に もっと増やそうよ!

それと、毎年恒例のラグーナ大会を緊急企画!
e0017386_23452054.jpg

by housyun-NTO | 2005-07-20 23:46 | 練習