人気ブログランキング |
ブログトップ

housyun 公式blog

housyun.exblog.jp

May be awake, and now a Dream

<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

NTOとして、初めて出演したのが、丁度 1年前。
早いものですね。一年前はアップアップでしたが、
今回は、結構余裕ある演奏でした。
又、記念すべき Naeoとの初競演のおまけ付でした。

e0017386_21331331.jpg


前回の”ながくて2nd LIVE”から 1ヶ月経ち、個人的には、リベンジを誓ってのLIVEでした。

19時集合して、びっくり 『4バンドが 5バンドに増えてる!』
トリをやらせてもらうのは、非常に光栄な事だけど、(もしかしたら エントリー順かぁ?)
待ちの時間は非常に辛い・・・(前回は 3時間半も待たされてしまった。)
増えた バンドはしかも あのNaeo!競演はうれしいけど、早くエントリーしとけよな!

となりのジョイフルで 食事をゆっくりしてそれでもまだまだ 20時前・・・
Hirokiが 『漫画喫茶行こうよ! 俺行った事ないし!』と言い出し、
僕らは 急遽”漫喫”へ、漫画っていつもは楽しいけど、LIVE前はやっぱりイカンなぁ・・・
自分の世界に 入ってしまい テンションが下がってしまう。(それにしても緊張感無いバンドだぁ・・・)

e0017386_213357.jpg


時間も 21時になり、慌ててローズへ、会場は満員でした。
見ようと思っていた Naeo は 既に始まっており、Kazuさんと Haruさんは会場でNaeoに魅入っていました。

僕は これで3回目だから衝撃は無かったけど、2人はショックだったかなぁ?・・・
特に、Mamiさんが どう感じただろうか?以前から度々 話題に出ていた前VOのステージって
どんな感じで見ていたんだろう?今度 聞いてみよう!
でもね、当時のNTOと 今のNTOはまったく別のバンドだし、今のNTOは、MamiさんVo
じゃなきゃ 成り立たないし、MamiさんのVoあってのNTOだからね!

相変わらす ステージでは完璧にキマッている ”Naeo”
1年前 一緒にステージに立ったのが、今では随分昔のような気がした。
僕は不思議な位、冷静にステージをが見れた。多分過去への決別がきちんと出来、
それ以上に 1年間 培ってきた 今のバンドへの自信がそう思わせているのだろう。

e0017386_21334138.jpg


さて、本題に移ろう。
ロングバージョンのLIVEを 最近続けてたので、ショートバージョンは 久しぶり。
(ちょっと 贅沢になったなぁ・・・)
いきなりの『ホライズン』でスタートした、僕自身も 前回の失敗を糧に、個人練習をして行ったので、
余裕のスタート。実は ”Naeo”’Toricycle”と、続けて いいバンドが演奏したので、
(競演バンドでは、久しぶりに刺激を受けた。)
スタート直前は、ちょっぴりブルーだった。『僕らの演奏で、大丈夫だろうか・・・?』
でも、音が出たとたんいつもの自信が蘇った。
『大丈夫 ! いつもの いつも以上の音が出ている。』
『ホライズン』のサビを歌う頃には、NTOサウンドが会場に拡がっていた。

e0017386_21354277.jpg


2~3曲目『Feeling out』『Majic』と、ダンスナンバーが続く。
出だしがちょっと崩れたが、調整しなんとかまとめる。
2曲とも、今回のGは 旨い事演奏できたんじゃないかなぁ?前回迄 不満だった。
この2曲は 今までで一番良い出来だったと思う。
Hiroki のDrが いつもよりシンプルだ。ノッテないのが気になった・・・

4曲目『北緯43度 2ndバージョン』 イントロでまたまた崩れる。
せっかくの初お披露目なのに・・・でも 全体的にはキマッたのでは?
mamiのVoも冴え渡る。途中ミスしたけど、この曲への彼女の想いはあい変わらず深いなぁ・・・
Kazuさんのベースは いつもと変わらずマイペースだなぁ・・・

e0017386_21362578.jpg


5~6曲目『サインズ オブ ラブ』『魔法の言葉』で、終了。客席からも暖かい声援が聴こえて、楽しいLIVEだった。
アンコールも『テン・イヤーズ・アフター』を演奏し、そつなくLIVE終了。
この2曲のHaruさんのキーボードは何時も頭が下がる。 

今回のLIVEは、非常に落ち着いた演奏が出来たと思う。
LIVE終了後、Hirokiが 不満をぶつけて来た。

e0017386_21353275.jpg

『今回 グルーブ感がなかったし、細かいミスが目立った。再度練習をし直そう!』

確かに、WhiskyでのLIVEの時のような パッションは減っていた。その分落ち着いて演奏が出来たので、
周りの演奏が良く聞こえたのであろう。

e0017386_2138066.jpg


以前に比べて LIVEの機会が増えたので、丁寧さや慎重さが欠けているのは否めない。
又、ある人に指摘されたのだが、今後は『もっと遊び心やエンターティメント性を上げた方が良い。』と言われた。

確かに自己満足のLIVEから オーディエンスの為のLIVEに脱却すべきだと思う。
これからの宿題を 考えさせるLIVEだった。

次回 ローズは 12月3日(土)。1ヶ月程あるので、新しいNTOへ もうひとつ階段を上りたい。
by housyun-NTO | 2005-10-24 21:44 | NTO
社内旅行中止の事を受け、僕らは困惑した・・・

『せっかく、ここまで盛り上がったのに・・・』 急遽幹事会は解散。当然ダンパバンドの企画も 宙に浮いてしまった。

当然のごとく、それまでの幹事会は解散・・・1~2回練習したダンパバンドも解散のつもりだった。ただし その解散式の場で、俺は、他のメンバーに問いかけた。

『どうする?このまま終わる?』
by housyun-NTO | 2005-10-18 00:00 | Philo Sophical
1993年か 1944年か? さだかでないが、社会人になった僕も、5年程会社に準じ、仕事に慣れ、ようやく自分の時間を 持てるようになった。

学生時代 音楽漬けだった時を思うと、びっくりする位、音楽とは無縁の生活をおくっていた。
ある日、持ち回りで 会社の慰安旅行の幹事をやる事になった。

『はて、何をしたらいいんだろう・・・』

旅行の 行き先から 旅館の手配迄・・・さまざまな決め事の中、当時の幹事会の中で 『何か思い出に残る イベントをやろう!』と言う企画が持ち上がった。此れまでに無い、斬新な企画。

いろんなアイデアの中、当時の幹事会でたまたま 持ち上がったのが、【ダンパ】 いわゆる『ダンスパーティー』である。たまたま偶然に メンバー中 3人が 元バンド経験者だと言う事が分かり、あっと言う間に その企画が進んでしまった。

当時のメンバー【Kurahashi】【Morimori】【Housyun】この3人が バンド演奏をする事で 一気に 盛り上がってしまった。

【Kurahashi】Dr 【Morimori】Kye 【Housyun】Gの 3人で、ダンパバンド結成の母体が出来た。後 VOと Baを加えれば バンドが出来る。

僕ら 3人は とにかく 夢中になって ダンパバンドの結成を急いだ。
まず、【Mizumizu】が ギターを弾けると言う事で、【Housyun】(以後、『俺』と書く。』

俺がBaを 担当する事となった。

次にVOだ。社内で、カラオケが得意な人を探そう!!と言う事になり、白羽の矢が立ったのが、【Nakajyi】だった。

噂には、聞いていたが 初めて一緒に行ったカラオケで、俺たちは 不覚にも彼女の声を聞いた時、’涙’が出てしまった。(その位 彼女の声は 俺達に胸に響いてしまった・・・)

5人揃った 俺達は ダンパの為に練習を開始する。
ところが ところがである・・・その年の 社内旅行は急遽中止になってしまう・・・
by housyun-NTO | 2005-10-17 23:41 | Philo Sophical
NTO物語も 一応現在迄 一気に書き下ろし その後のストーリーが無くなってしまい、
(勿論 その後も現在進行系で、エピソードはたくさんあるのだが・・)

ちょっと 小休止状態になってしまった。

このプログは ある意味非常に 個人的なプログである事は否めないので、今後深く考えずに、
自由に書いていこうと思う。 ある意味回想録であったり、夢だあったり、現実であったり、

housyunの感じるままに 書いていこうと思う。
by housyun-NTO | 2005-10-17 23:14 | TOS