人気ブログランキング |
ブログトップ

housyun 公式blog

housyun.exblog.jp

May be awake, and now a Dream

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

e0017386_2129953.jpg
さてさて、その後のNTOに話を戻そう!
Gonちゃんとの別離後、さてさてまたまたドラマー探しだ。

正直な話、この頃のメンバー間の信頼関係はゆれていたと思う。
今回のメンバーに関して、各別プロジェクトを抱えている事も有り、
それぞれが、バラバラな動きをしていた。

バンドと言う物は、勢いでやる面が多分に有り、
もともと楽しみでやっている訳だから、楽しくなければ
自然と勢いが無くなってしまう。

プロアマ問わず、バンドの解散の原因の一つは、此処に付随する事は
よくある事だ。

メンバーの一人は、『 僕は リズム隊にこだわりが有りますので、
ドラマー選びは慎重にお願いします。 第一金さんのモチベーションが下がります。 』
と、プレッシャー・・・

確かに、バンドの要はドラマーで有り、ドラマー次第でバンドのモチベーションは変わる。

Gonちゃんのイメージを払拭し、Hiroに変わってバンドの要になるドラマーと言えば・・・
僕の頭には、一人のドラマーしか頭に浮かばなかった・・・

5年前、Hiroが一度脱退した時、バンドに誘った N氏(びゅ~さん)である。
当時、AORのバンドを率いて三河界隈で順調に活動をしていたびゅ~さんにとって、
あの頃の僕らのバンドサウンドは魅力を感じる事もなく、上手くコーポレート出来なかった事も有り、
今回も正直に言って参加には期待してなかったのだが、

今のこの状態を救ってくれるのは、びゅ~さんのあのドラミングしかないと言う想いは
僕の中で日々募っていった。

『お久しぶりです。 Housyunです。実は・・・で、・・・だから・・・なので、一度合わせませんか?』

勇気を持って、連絡する・・・

『いいよ! でも、あまり期待しないでね。』

相変わらず、気のない返事・・・。でも僕には自信があった。
それは、やっぱりHirokoのボーカルである。

『彼女の声を聞けば 絶対加入してくれるはずだ!』

そして当日・・・練習が終わった後・・・

『びゅ~さん 結論はゆっくり考えてからで良いよ! 決まったら連絡して!』

僕の言葉に彼はこう答えた・・・

『僕は、過去にバンドの人間関係で凄く嫌な事が有り、最近では、加入したいバンドが無かった・・・
でも、このバンドのメンバーは気軽に楽しめそうだね・・・いいよ!参加するよ!』

そしてこうも言ってくれた。

『長年バンドやってるけど、Hirokoのボーカルは凄いや!ぜひバックで叩きたい!』

むふふふ・・・ またひっかっか・・・じゃない、ようやく スカラベは揃った!
by housyun-NTO | 2010-06-14 21:29 | NEXT
それにしてもどこかの国の総理大臣じゃないが、あまりにも
メンバーチェンジが激し過ぎる・・・さすがの僕も疲れていた・・・

Gonちゃんを失い、意気消沈したメンバーは今思い出すと、
きっと半ば諦めかけていたんじゃないかなぁ・・・

あるメンバーは、どこかで『 NTOの目指している方向性が分からない? 』と嘆き、

あるメンバーは、『 NTOとして、今後の事をどう考えているんですか?
楽しむだけなら、何も求めないし,上を目指すのなら、
それなりに覚悟してやってもらわないと、
僕がバンドを続ける意味を見出せない!』
と、詰め寄られた・・・

『 う~ん・・・ バンドの方向性ね・・・続ける事の意味ね・・・』
実は、結成以来そんな事を考えた事があったんだろうか?・・・

”その時間だけが、全ての物を捨てて夢中になれる・・・
その時間だけが、僕を表現出来る・・・


確かに観念的で、実に具体性が無い。計画性も無い。ムムム・・・

この時期、僕はある意味バンド練習に行くのが苦痛だった。
何年も続けてきた事が全て否定されている気がしたからだ・・・

今も付き合いのある過去のあるメンバーが昔、僕にこう言った。
『 housyunは、NTOで何を表現したいの? NTOで何がしたいの? 』

その時は、こいつ何を言っているんだ? くらいにしか考えていなかったが、
その言葉が頭の中を駆け巡る・・・

ビートルズとの出会い音楽に触れてから35年。
Tomyと Take off を結成してから30年。
ある数年を除き、常にバンド活動をしていた僕には、
バンドを続ける意義や目的を忘れてしまったらしい・・・

嫌、少なくとも初めて Tomyの歌とピアノを聴いた時、
僕は自分の感情や想いを音楽に乗せる喜びを知った・・・

学生時代、オリジナルアルバムを作った時、世界中を
僕らの音楽で溢れさせようと本気で思った・・・

その頃の想いをいつの間にか忘れてしまっていたかもしれない・・・
年齢を重ねる度に、僕の中にあった数々のイマジネーションや、
創作意欲、心の表現方法は何処に行ってしまったのだろう・・・

以前あれ程愛しんでいたギターも最近では、ホコリをかぶる時間が多くなった・・・
e0017386_22142834.jpg
by housyun-NTO | 2010-06-10 22:59 | NEXT
音を大切にする金さんを得て、バンドサウンドは次の段階に入ることになった。

Makino-PaPaが、どちらかと言うと感情やフィーリングで演奏するベースマンだった事も有り、
NTOのリズムは、演奏のバラツキが有った、よく言えばメンバーの意気が合った時のグルーブは、

自分でも背筋がぞっとするような完成度を見せたが、悪く言えば出たとこ勝負的な雑さが目立った。
又、当時を振り返りGonちゃんのバンドに対する”迷い”がそれに輪をかけてしまう事になる。

もともとNTOに加入する前のバンドで、オリジナルを何年も演奏してきたGonちゃんに取って、
コピーの演奏に疑問を感じていたみたいだ。

勿論、NTOとしての最終目標の一つとしては、オリジナルアルバムの作成が有り、
コピーはその一部でしかないと思っている。(逆に、オリジナルもその一部と考えている。)

ただし、NTOがNTOとして確立する為には、まずバンドサウンドの構築が大事で有り、
コピーを通じて、オリジナルサウンドの確立を目指すと言うのは今でも間違っていないと思うし、

また、現在でもその方法論を取っている。

特に、Syoujiや金さんのようなアンサンブル重視のプレーヤーに取って、感情に頼る演奏は理解しがたいスタイルだ。
お互いが疑心暗鬼になり、ますますバンド演奏が理想とかけ離れていくのをメンバー一人一人が感じていた。

ある日それは、ほんの些細なやり取りから崩壊が始まった・・・

その日の練習で、いつものように自由に叩いていたGonちゃんにあるメンバーがこう言った・・・
『 ここの部分は、オリジナルの音源通りに叩いてくれないか? 』

この言葉を、曲全体のバランスを考えて意見した彼と、その言葉通りにコピーしてくれと受け取ったGonちゃん
の間で決定的なものとなってしまった。

僕は、当然全体を考えた意見に同意し、上手くその真意を伝えようとしたが、彼の耳にはもう届かなかった・・・
『 コピーのドラマーが欲しいのなら、僕が叩く理由が無い 』その言葉を残して 僕らは別々の道を歩く事になる・・・

e0017386_22532239.jpg


≪後日談≫
その数ヶ月後、僕は彼の新しいバンドの練習を見に行った。そこには彼の求めた 彼のサウンドが有った。
楽しそうに叩く 彼の姿を見て 『 僕らの出した結論は 間違いじゃなかったんだ・・・』と 安堵した。

半ば、無理やり数曲彼らの練習に参加したが、久しぶりの競演は楽しかった・・・
『 バンドは リーダーがシッカリしなきゃ駄目ですよ! 』 僕に意見した彼の目の奥にある自信タップリな輝きに、
少々嫉妬した・・・ 楽しそうに演奏するバンドに嫌味なく賛辞を送った・・・ バンドのボーカルが美人なのも、うらやましかった・・・(結局そこかい!)
by housyun-NTO | 2010-06-10 22:54 | NEXT
金さんの話の前に、もう一度 Syoujiの話に戻ろう!
NTO念願の ギタリスト Syoujiは、本当に演奏好きで有る。

毎日ギターに触れているらしい・・・『よっ!ギタリスト!』(僕が上手になれない訳だ・・・)
その彼は、NTOと平行して、自分のバンドZEUSを率いている。

また機会があったらZEUSに関しても、いつか語ろうと思う。そのZEUSのベースこそ、今回の
ターゲット・・・じゃなく、新メンバーの金さんである。

実は、syouji的には、NTOとZEUSの音楽活動をまったく別物として活動を行っており、
出来れば、メンバーのカケモチは避けたいと考えていた。



ところが、ところがNTOの危機である。僕の方もさすがに 6人目となると、
もう、ベースの知り合いが居なく、あえて全然知らないメンバーを探す方法には、
最近疑問に感じ又、物凄いエネルギーを必要とする。

まぁどんな楽器でも同じだが、新メンバーと音が固まる迄、2~3ヶ月は必要だ。
その上、合わないと結論が出た場合、また振り出しに戻るのである。

苦悩する僕を見て、Syoujiは決断した。『 金さん程のベースマンは他にいない!』
ほどなくして、スタジオに現れた金さんは 一回目の練習からそこにもう何年も居たような、プレイを見せてくれた!

彼のプレイは、オールマイティである。繊細なフュージョンからハードロック迄あらゆる曲に対応してくれる。
『ハードロックは嫌いだ!』 彼からまた怒られそうだが、先月のファーストライブでは、

体全体を振り回し、ヘビメタミュージシャン真っ青なパフォーマンスを披露した。
又、音響マニアである彼に取って、バンドで演奏する事は単にベースを弾くだけでなく、

バンド全体のバランスに常にこだわる総合アドバイザー的な立場で居てくれる。
いつものように、感情の思うがまま僕が演奏をしていると、

『housyun!周りの演奏を聞いてる?音がでか過ぎ! 音色が汚い!』と、
遠慮なく矢のような指摘事項が飛んでくる。

冷血・・・じゃなかった、冷静沈着そうな顔の下には、熱きマインドを抱える実は?ハードロックミュージシャンだ!
『 だから ハードロックは嫌いだって!!!』(金さん”怒”)
e0017386_2171131.jpg

by housyun-NTO | 2010-06-10 22:51
前回の更新が2009.06.11か、ふ~ん一年も経ったか・・・
最近 一年経つのが早い 早い・・・

さて、我がNTOも何もしていない一年ではなかった。
何故、こんなに更新をしなかったか!

そこには色んな事があった。(個人のぐうたらな性格も有るが・・・)
物語はこんな風に続いていた・・・

生涯共に歩むと思っていた Hiroの脱退を始めとした数々の出会いと別れ・・・
MakinoPaPaの海外赴任・・・
新メンバー Gonちゃんとの出会い・・・そして別れ・・・
金さんの加入・・・
びゅ~さんとの再会・・・

書く事は、たくさんあったが、やはり大きかったのは、Gonちゃんとの
すれ違いが、このブログを書く事に躊躇させ、僕の筆を止めた。

MakinoPaPaの海外赴任は突然決まった。
『みんな悪い! 中国に行く事になったよ!』

Hiroの脱退の悲しみを埋める為にも、又全く新しいメンバーでの結束を高める為にも、
僕らは、2009年8月22日に Roseでのギグを予定していた。

ところが、新生NTOをお披露目するギグが、なんと MakinoPaPaのお別れギグに変わった・・・
ギグは大いに盛り上がり、新生NTOの新しい第一歩としては上々の立ち上がりだった。

ただし、このギグをもって MakinoPaPaは最後だ。
演奏していても、後ろからビンビンに彼の完全燃焼の熱気が伝わってくる・・・

『この一年本当に楽しかった! NTOはきっとこれからもどんどん良くなるよ!』

うれしい言葉だったが、お別れの言葉となり、心に残るさびしさだけが残った・・・

さて、またまたベース探しだ!
Haseに始まり、Yas-bay 、Kazu、AOちゃん、Makino-papaと、本当にベースマンに恵まれていない・・・

ここでSyoujiが、提案してくれた。『 金さんに頼んでみよう!』


by housyun-NTO | 2010-06-10 22:49 | NEXT
e0017386_22435812.jpg
一年振りに登場した僕らを、オーディエンスは熱烈に歓迎してくれていた・・・

暖かい拍手の波に Hirokoは身を委ねていた・・・

Syoujiは、時折バランスを気にしていたが、彼の華麗なるギターソロに酔いしれていた・・・

激しく舞う金さんのベースは、一音一音を楽しむようにグルーブ全開だった・・・

時々後ろを見ると、びゅ~さんが笑っている・・・復活の時を刻む彼のリズムにライブハウスが震えた・・・

カトメちゃんの包むようなVoiceが、会場を無限の海にしていた・・・

僕は、一人 此処までたどり着いた道のりを 一人噛みしめていた・・・

NTOの復活! ついこの間迄この場に居る事を許されない僕らだった・・・
by housyun-NTO | 2010-06-10 22:44 | NEXT